スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
ブラッドオブバッドランド 最終決戦
2014-11-10 Mon 21:56

第3回、キャンペーンの最終決戦です。
キャラクター創造の一助としてください。

最終決戦
 「フォズリックの空中要塞」はついに大地に降り立ち、その扉を開いた。この1年の激戦の果て、英雄たちは叡智の結晶の制御を試みる。この儀式が終わりを迎えれば、英雄たちは強大なる空中要塞の力を手にすることができるだろう。無論、敵対者達も最後の攻撃に打って出る。儀式に要する精神力は巨大であり、軍勢の隙を突けば、結末を書き換えるさえできるのだから。
 最終決戦は特殊シナリオである。
・遺物の合計数が多い陣営は「防衛側」となり、最後の儀式に取り掛かっている。
対して、遺物の合計数が少ない陣営は「攻撃側」となり、儀式の妨害を目指すことになる。
・アーミーの編成
 各プレイヤーは、3人の伝説の英雄のみをキャラクターとし、ウォーロードを必ずジェネラルとすること。それ以外は通常通りの編成が当てはまる。
*このキャンペーンでは1人1500pt+追加ポイント250ptまでとする。
・戦場の準備
まず防衛側が神秘の柱に似た、「儀式の柱」の配置から始める。
戦場を横長に区切り、半分を防衛側初期配置エリア・もう半分を攻撃側初期配置エリアとすること。防衛側はウォーロードの数に等しいだけ初期配置エリアを等分する。各等分エリア内に1つの儀式の柱を、戦場の端から6mv・他の儀式の柱から12mv離して配置する。その後、その他の情景モデルを、攻撃側と防衛側で交互に配置する。
・初期配置
 防衛側はウォーロード全員を、それぞれ単独で儀式の柱に配置し、それ以外のユニットは、初期配置エリア内で自由に配置する。
 その後、攻撃側は初期エリア内に自由に配置する。
・先攻を決める
 必ず攻撃側が先攻となる。
・ゲームの長さ
 6ゲームターンが終了した時点でゲームは終了する。
・勝利条件
 ゲーム終了時点で、より多くの儀式の柱を占領している陣営が勝利する。占領数が同じ場合は、防衛側が勝利する。
・シナリオのスペシャルルール
「儀式の柱」
儀式の柱は建物とみなされるが、以下の例外がある。
・儀式の柱を占領できるのは伝説の英雄1人のみ(ユニット種別は何でもよい)である。占領中の兵は狂乱・愚鈍・追撃によって儀式の柱から出ることはない。
・儀式の柱は絶対に破壊されず、移動しない。
・儀式の柱に強襲したユニットは、伝説の英雄1人のみ接近戦に参加できる。屋内戦闘だが、強襲側も敗北した場合、戦意喪失テストを行う。両者とも戦死・戦意喪失しなかった場合、強襲側は望むなら、伝説の英雄を元のユニットから切り離し接近戦を継続させてもよい。これ以後、切り離された伝説の英雄と強襲ユニットは別のユニットとみなされる。戦意喪失した伝説の英雄は逃走せず、直ちに儀式の柱の1mv以内に再配置される。柱の1mv以内に接近戦に入っていない合流可能なユニットがある場合、そのユニットに再配置される。接近戦中、占領しているとみなされるのは元々占領していた伝説の英雄だけである。
・儀式の柱にいる伝説の英雄(上記の接近戦中は両者とも)は、あらゆるセーヴィングを振り直し、鋼鉄の意志と心理ルール無視が当てはまる。さらに必殺の一撃・究極の必殺の一撃・痛烈な一撃を無視する。加えて、接近戦以外の敵ユニットから受けるダメージは、1ユニットから1フェイズ中1ダメージまでしか受けることはない。最後に、あらゆる戦場から取り除く効果はアーマーセーヴィング不可の1ダメージに置き換わる。
「空中要塞の魔力」
魔力の風判定は、(ウォーロードの数+1)D6となる。対戦相手は、魔力の風判定の半分(端数切り上げ)に等しい数の、最も高い出目合計分をディスペルダイスの山に加える。パワーダイスの山とディスペルダイスの山の上限はウォーロードの数×D6となる。
「最後の同盟」
最終決戦の間、両陣営の各アーミーは常に信用ならぬ同盟関係であるとみなされる。

別窓 | バッドランド | コメント:0 | トラックバック:0
ブラッドオブバッドランド 準備
2014-11-08 Sat 09:44

今回は第2回、セットアップです。
このキャンペーンでは特殊な編成ルールを使用しますので、その説明になります。
ご質問はツイッター上でも、コメント欄からでもどうぞ。

第2回 準備

キャンペーンは、ウォーハンマー世界の中で1年の間続きます。ゲーム的には12ターンになります。陣営を2つに分け、各ターン、プレイヤーたちは自分のアーミーを動かし、領土を拡大し、そしてなによりも重要な戦争を行います。キャンペーンの最後に、フォズリックの空中要塞を巡る戦いが行われ、そこでの勝者がキャンペーンの王者となります。
 *キャンペーンの最終決戦時、空中要塞を支配していた陣営が勝者となる
このためには、空中要塞を支配するための「遺物」の数が極めて重要だ!

キャンペーンの開始にあたって、各プレイヤーが最初にしなければならないのは、国を率いて戦争に駆り立てるヒーローないしヴィランを創造することです。各プレイヤーは自分の栄光ある将軍の名前と、特徴となる何かを考えてください。性格や、過去の勝利などが例となります。この時、そのヒーローやヴィランがユニットとしてはどれになるのかも決めて置いた方が良いです。
これが終わったら彼らの幕僚となるキャラクターを2人、各プレイヤーは同じようにして生み出してください。
*プレイヤーは、勢力を1つ決めて3人のキャラクターを創造し、「伝説の英雄」とする。伝説の英雄達は遠征隊を率いる長とみなされる。総大将たるウォーロードも決定すること。各遠征隊には必ず伝説の英雄を1人だけロスターに加えること。伝説の英雄は常にそのロスターのジェネラルとなる。また本来ならばジェネラルになれないキャラクター(アーミースタンダードベアラー)もウォーロード以外の1人は、伝説の英雄としてジェネラルとしてもよい)
 プレイヤーは伝説の英雄で同じマジックアイテムを複数選択してはならず、アーミースタンダードベアラーを除いてアーミーに1つのオプションを複数選択してはならない。伝説の英雄は、1度決定されたらオプションを除き、再選択できない。

 プレイヤーは、季節の開始時には遠征隊を3個もって始めます。プレイヤーはその遠征隊を区別できるようなマーカーが必要になります。各マーカーは、ウォーロードか彼の幕僚によって引きられている遠征隊を示しています。各遠征隊のロスターには、マップ上の現在地を適時書き出しておいて下さい。
 キャンペーンが進むにつれ、プレイヤーたちは盤上から遠征隊を取り除かなければならないハメにもなるでしょう。安心してください。あなたの遠征隊は破壊されたわけではなく、次の季節になるまで四散しているだけです。
*異なる伝説の英雄すなわちジェネラルを擁する3つの1000ptロスターが必要になる。この3つのロスターで、プレイヤーは同じマジックアイテムを複数選択してはならず、アーミーに1つのユニークキャラクター・オプションを複数選択してはならない。それ以外は、各ロスターで同じユニットを迎えても構わない。各季節の間に、プレイヤーは望むなら伝説の英雄(オプション以外)と栄光の部隊を除き、ロスターを変更してもよい。
 このキャンペーンではエンドタイムのアーミーとルールを使用できるが、キャラクターの制限は各枠とも25%までとする。

伝説の英雄と栄光の部隊 Heroes of Legend and Regiment of Renown
 プレイヤーの中には、キャラクターやチャンピオン、ユニットの名前を考えたい人も多いでしょう。それによって物語という花が加わることになります。
 同様に、キャンペーンが進むにつれて、ヒーローや各部隊は偉業を成し遂げ、栄誉を獲得していくことでしょう。彼らに名前を付けることは、特別なユニットの軌跡を記憶に残す役に立ちます。私たちはこういったユニットを、「伝説の英雄」「栄光の部隊」と呼びました。ひとたび名付けられた彼らは、今後のキャンペーンの間ずっと、同じ人数、同じ武装で一貫させます。
 *伝説の英雄は、各季節の間にオプションの再選択はできるものとする。伝説の英雄と栄光の部隊は、キャンペーン中、恒久的に強化・弱体化する可能性がある。

別窓 | バッドランド | コメント:0
ブラッドオブバッドランド 導入
2014-11-07 Fri 21:58

このキャンペーンは、たまお氏による文に加えて、適宜修正しておりますゆえ、ご了承ください。
完成させてくれたたまお氏に、改めて敬意と謝意を表します。

第1回 導入

「予兆は正しかったのです、我が主よ」託宣者は誤りを正した。千年の時を経て、「フォズリックの空中要塞」がオールドワールドへと帰還したのだ。魔導探求者達が書き記し、世界中の覇者や王達が熱く欲した空中要塞が、今やオールドワールドの衆目に晒されていた。彼の地の幾多の城に劣らぬ威容を誇り、その頂きはありとあらゆる魔法の風が吹き荒れる八本の尖塔によって飾られていた。地に降り立ってさえ、なお壮大であろう。しかし、それをそう呼ばわらせたのは、フォズリックその人の願望――天高く舞い、何者にも侵されざる、忌まわしきもの――を具現せしめた特異なるその魔術であった。
 しかし伝説が本当であったとすれば、一年の内一日だけその要塞は大地に降りる。その時、城門は開かれて戒めの護法は和らぎ、飛び立つ前に適格者たる1人の英雄と彼の兵を受け入れる。かくも素晴らしき至宝の支配を主張しえた者は、世界の空という空を支配し、通り道の眼下にある地を支配することだろう。だが明記されよ。汝のみが斯様な主張をなし得たわけではないことを。

 フォズリックの伝説は、謎に満ちている。彼が生きていたのは、魔法学府が設立される遥か昔のことだ。しかし、僅かに残った記録は、彼が強力な魔術の使い手であったことを示している。彼がどのようにして魔術の手ほどきを受けたのかは、わからないままだ。
 魔法使いが生きていた頃、エンパイアはまだ産声を上げたばかりだった。今知られていることの全ては、フォズリックが著したとされている唯一の魔道書から集めたことに限られる。灰色の学府の深奥に隠されたその一頁には、魔術的な願いが描かれていた。彼がそこに書いたのは、一所から一所へ移動し、道を必要とせず、町ごと空を飛んで深く危険な森や残虐な軍隊を避けて都市と繋がり、交易と繁栄をもたらす建造物を造ることだった。古は不安定な時代だったが、それでもなお彼は異常なやつと嘲られた。だが、フォズリックの目指す建築へのこだわりは、弱まることはなかった。石の操作と、建造物に魔力を吹き込む技巧が、彼の専門となった。

 フォズリックの空中要塞を求めて、将軍達がバッドランドに軍を率いてきました。今日からの1年の間にこの安寧ならざる地に要塞は降り立ち、それを奪取した者が勝者となるでしょう。
 空中要塞を手に入れる確実な方法は、それが着陸する地が自分の支配圏の内側になるように、バッドランドの地を可能な限り広く支配してしまうことです。ですが、それだけが空中要塞を確保する手段というわけではありません。バッドランドには魔法の遺物を残す古代の遺跡が散らばっています。遺物を多く集め、儀式を執り行うことが出来れば、空中要塞を奪取することも出来るのです。

別窓 | バッドランド | コメント:0
BACK | 次元深度計 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。